« EAD RECORD ホームページ | トップページ | 遂に週末はKING OF HOUSE NYC IN TOKYO開催! »

2015年10月 7日 (水)

ターンテーブル設置

ターンテーブルはテクニクスSL 1200を使って説明します。

この機材はタフで壊れにくく、条件の悪い環境でも

クオリティーを落とさずにパフォーマンスをしてくれる優れた機材です!

カートリッジ選びは好みがあるので、またの機会にします。

(針の事です)

基本的な事をすれば、レコードに刻まれた音を忠実に再現してくれます。

その為の簡単なセッティングをしてみましょう!

あなたのレコードプレーヤーは

何処に置いてありますか?

生活環境優先で中々ベストな場所の確保は難しいと思いますが

出来れば、反響し難い台の上にターンテーブルを水平に置くのがベストだけど、

薄い板の上とかでも工夫次第でどうにかしたいですね!

設置の際はキチンと水平器を使って目で確しかめながら行って下さい。

水平器は無料アプリもあるから各自ゲット!

(正確さは僕にはわかりません)

使用の際はスマホのカバーを外してアプリ起動。

ターンテーブルの上に置いて水平にして行きます。

さて?どうやって水平を出すか?

ターンテーブルには足が4つあります。

Inshu

これをインシュレーターと呼びます。

インシュレーターは回転して伸びたり縮めたり出来ます。

()最初は縮めておきます。

傾いてる場所を伸ばしながら水平を探ります。

理由は傾いてると、針が溝を通る時に溝の真ん中で音を拾えなくなるからです。

続いて針をアームに装着!

ご使用、ご使用予定のカートリッジの適正針圧を調べて装着。

針もレコードも痛めない適正針圧が音もベスト!

アームにの後ろに付いてる錘を回してヘッドシェルを付けた状態でバランスを取ります。

バランスが取れたら手前の目盛りだけを回して0に合わせます。

(0gの状態です)

錘の後ろ部分(目盛りの付いてない黒い部分)

を持って針圧を掛けていきます。

Weit

自分の好みに合わない時はプラス、マイナス0.2g位を目安に調整して、

あなたの好みに合わせて下さい!

自分で色々試すと理解も深まります。

よりデーブな世界が覗けます。

適正針圧1.5g〜3.0gの場合はその中でベストでOK

アームの高さはLOCKを解除して

アームベースを時計回りで上に上がります。

Lock

アームの水平が出来なくても駄目じゃありません。

極端に傾いてるのは調整が必要ですが、

針の使用時間によってカンチレバーを、支えるゴムの劣化など、

角度が変わってしまったカートリッジがあります。

適正針圧を、無視して必要以上に重くしてしまったカンチレバーは、

角度が変わりやすいです。

状況が個々違うけど基本水平を頭に入れて臨機応変に対応して下さい。

試しながら聴いて見てみるのが大切ですよ。

好みを探るのはとても重要な作業です。

大変ですが、是非チャレンジして下さい。

ハングオーバーは簡易的に専用器具をつかえば簡単に適正値がわかります。

SOUND HOUSEさんで80円で売ってました。

読んで頂いた方から指摘がありました。

テクニクスはアームの先端からスタイラスまで52ミリだそうです。

調べないで適当に50ミリと書いてしまいすみませんでした。

まあこの辺りも聴きながら詰めて下さい。


丸いレコード盤を針がトレースするのにどうしても角度が発生してします。

ベストであろう道筋を通る為にアーム&ヘッドシェルの長さを調整するんだけど、

コレがまた奥深くてロングアームからショートアーム、ストレート、とにかく色々な考えが存在してて、僕もまだ未知の世界なのでスルーします。

アンチスケーティングもテクニクスなら、

針圧とダイヤルの数字を合わせるだけなので簡単↓

Anti

上級機種だとカンチレバーが曲がる心配から

多少インサイドフォースを残した方が良いという人もいるので、

この辺もあなたの耳を信じて調整した方がいいです。

内側に行く力、引っ張る力を加えると相当な力がスタイラスに掛かってくそうです。

とまあこんな感じであなたのヤル気が必要になってきます。

アナログの、面白さでもあり

面倒な側面でもあります。

急がないでのんびり色々ためしてみて下さい。

面倒な人は簡単にやる方法で!

無理をしないようにタノシンデ!

少しでもこだわりたい人は

色々試してあなたの好みの音を目指して詰めてみて下さい。

好き?嫌い?みんな音に好みがあるので自分好みに!

やれば、必ず、音が変わります。

とココまで読んで分からない方!

EAD RECORDで実践で覚えてみたい方向けに

毎週木曜日20時〜22時

ターンテーブルセッティング会開催

場所 EAD RECORD店内

参加条件

ご使用中のカートリッジを必ずお持ち下さい。(必須)

お酒を飲酒の方はお断りします。

参加申込み者の方は下記の項目を記入の上

info@eadrecord.com

メールにて返信下さい。(2日前までにお願いします)

なるべく少ない人数開催したい為にお手数掛けますが宜しくお願いします。

お名前

電話番号

メールアドレス

参加ご希望日

参加される前の7つの簡単な質問です。

お答え頂き返信下さい。

1.ターンテーブルの底に付いてる4つのインシュレーターを触ったことがありますか?

A.ある B.ない C.そんなもの知らない

2.ターンテーブルの水平を取っていますか?

A.取ってる B.取ってない C.そんなもの知らない

3.アームの高さを調整した事がありますか?

A.ある B.ない C.そんなもの知らない

4.アンチスケーティングって触った事ありますか?

A.ある B.ない C.そんなもの知らない

5.ハングオーバーを意識してる?

A.してる B.してない C.そんなもの知らない

6.カートリッジ針圧は適正値で使ってる?

A.適正針圧 B.適当 C.そんなもの知らない

7.左右出音確認してますか?

A.してる B.してない C.そんなもの知らない

話しを何処から始めるかの大切な質問です。

上の質問が分からないなら初めからお話しします。

知らなくても大丈夫です。一緒に勉強しましょう!

EAD RECORDクミタケヨウゾウまで

|

« EAD RECORD ホームページ | トップページ | 遂に週末はKING OF HOUSE NYC IN TOKYO開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/313963/61946143

この記事へのトラックバック一覧です: ターンテーブル設置:

« EAD RECORD ホームページ | トップページ | 遂に週末はKING OF HOUSE NYC IN TOKYO開催! »